子育てする父の奮闘記

育児に初めてチャレンジする父の日記。カメラや料理なんかについても少し書いていきます。

ラーメンを作って見た。(暖かい麺は茹で過ぎ注意)

子供が産まれるのを待っている間にお米が底を尽きた。


今冷蔵庫にある炭水化物は中華麺のみ。



ということでラーメンを作ることにしました。
今回は料理の話。



とりあえずスープと具材を作る必要がある。



スープ。
恐らく中華的な味が必要。

我が家にある中華的な調味料は…
"味覇"。


この万能調味料で勝負することに。


お湯を沸かし、
味覇を溶かし、
いとおかし、
ちょいと塩分が少ないので塩を少々。


うん。美味しい。大丈夫そう。


次は具材に取り掛かろう。



我が家の食材はキャベツとネギ。



私は地元にある何故か美味しいラーメン屋があったことを思い出した。
そこの具材はキャベツと白髪ネギをピリ辛に炒めた具材を、
塩ラーメンに乗せていた。


具材はほぼ一緒。



これを真似て作ることにした。



まずキャベツとネギを細長く切る。
(今回は写真がないことが悔やまれる…)



フライパンにごま油をしき、
キャベツとネギをフライパンに投げ込む。


少し炒められたところで、
豆板醤を投入。


後は塩で味を整える。


これで具材も完成。



後は中華麺を茹でるのみ。
多めのお湯で中華麺を茹でる。


あっという間にラーメンが完成。



だが、ラーメンは美味しくなかった。



スープも具材も美味しいのに何故か…


もうタイトルに書いちゃってるのであれですが、
麺を茹で過ぎました。


麺がめちょめちょしてて美味しくない。



夏に冷やし中華食べてた感覚で茹でてたら、
少し長過ぎたようで。



暖かいものを作るときは、
茹で時間少し短めに設定すると良いのかもしれない。



というのが今回の学びでした。



ちなみにですが、
私は料理をするときは出来るだけ感覚頼りでやります。


それはレシピが無いと作れなくなるのが嫌だから。

もちろんレシピを見ながら作ることが悪だと言いたいわけではありません。


私自身その方が感覚が研ぎ澄まされる気がしているからです。
どのくらいの量にはどのくらいの調味料が必要なのか等、
感覚でわかるようになりたい。その方が楽しいと思うから。
失敗は失敗で教訓になりますしね。


というどうでも良い話で今回は以上です。


またよろしくおねがいいたします。