子育てする父の奮闘記

育児に初めてチャレンジする父の日記。カメラや料理なんかについても少し書いていきます。

妻の出産に立ち会って良かった。

今日妻が出産した。


昨日の朝から入院し、
誘発剤を点滴という形で少しずつ投与し、
陣痛を促していった。

朝から夕方まで点滴をしたが何も起きず、
私は一時帰宅。(18時頃)


少し仮眠をと思った矢先に、
妻から陣痛が来たとの連絡が。


陣痛から出産までの時間がどれくらいなのかわからずテンパり、
とりあえず病院に駆けつけた。(21時頃)


陣痛は五分間隔で起き、
約1分間激痛が走るようだ。


助産師さん曰くまだ始まったばかりだからしばらくこの状態が続くだろうとのこと。


5分間隔で陣痛がくるため寝るに寝れない。


とても苦しそうだ。



私は背中を摩って飲み物を渡して、
気を紛らわすために世間話をしてなどなど。


何も出来ない自分が情けなく感じてくる…


24時頃、とても眠くなって来たらしい。
寝ては陣痛で目が覚めて、
寝ては陣痛で目が覚めての繰り返し。

一度に五分程度しか寝れない。


しかも寝ると常に陣痛が来ているような感覚になるらしく、
寝るのを躊躇することも多々。


見ていて居た堪れない。


私は一晩中付き合うつもりだったが、
うとうとしてしまい、
30分間隔で妻のうめき声で目が覚めては、
背中をさすりの繰り返し。


その間妻は一人で悶絶していたようだ。


朝方、陣痛の周期は変わらず5分間隔でずっと続いていた。(朝6時頃)


妻も疲労がピークに達している。


話すのもしんどそう。


ご飯はもちろん飲み物も喉を通らない状態。
頑張って水を飲むが一口が限界。


まだ間隔も変わらずという状態で、
助産師さんからももう少しかかりそうとのことだったので、
私は追加の荷物を取りに一時帰宅。9時頃。


11時頃に病院に戻ると診察中とのことで、
妻のいる分娩室には入れず外でスタンバイ。



中から子宮口が最大とか聞こえてくる…


力んでもいいよとか聞こえてくる…


10分後、中へどうぞと促される。




恐る恐る中へ入ると、
ドラマとかで見るような光景がすでにそこにあった。



妻はすでに汗だくで、
力み始めている。


私はすぐに横に付き、
妻の頭の後ろに手を置き、
力む時の体制をサポートすることに。


(力む時はお腹を見るようにすると力みやすいらしいので、
 頭を前に倒す役目。つい頭をのけぞらせしまうため。)


妻は今までにないぐらい頼もしく見えた。



今まで見たことのない真剣な表情で、
集中し、弱音を吐かずに子供のことを最優先に考え、
努力していた。


あまり感情的ではない方だと思うが、
つい私が涙ぐんでしまう始末。



妻は懸命に精一杯力んだ。

子供は少しずつ少しずつ頭を覗かせていった。


一度の陣痛で一ミリずつ。
少しずつ少しずつ。


頭がある程度出て来たタイミングで、
出口を少し切って出産を終えた。


生まれて間もなく血だらけで一生懸命に泣く子供をみて。
つい涙が出てしまった。


二人の努力に涙が出た。


この時二人を守っていこうと決意した。
本当にそう思った。


この経験はして見ないとわからないと思う。



頭では想像できるとは思うが、
想像と体感は全く異なる。


経験の質が違う。



今まで想像していた感動とはまた違う
心の奥底から湧き上がる何かを感じた。



これから出産を控える旦那さんはぜひ、
出産に立ち会って欲しい。


立ち会うことで家族の考え方が変わるかもしれない。
人として少し成長できるかもしれない。


少なくとも母の強さと子供の強さが身にしみるだろう。



是非是非出産に立ち会って見て欲しい。