子育てする父の奮闘記

育児に初めてチャレンジする父の日記。カメラや料理なんかについても少し書いていきます。

出産立会い時に追加調達した3アイテム。

先日、妻の出産に立ち会いました。
事前にネットで情報を見て色々準備はして出産い挑みました。


がしかし!

それでも追加で調達するに至ったアイテムがあります!


実際に出産を経験して知り得た必要アイテムを
妻監修の元3つほどご紹介させていただきます!


※ちなみに出産には個人差が結構あるので、
 あくまで参考として頂けると嬉しいです。


それでは早速ご紹介スタート!


①水

それは事前に用意しておくでしょ!
という方がいらっしゃるかと思いますが、
私たちはお茶とスポーツドリンクを準備して迎えました。
ついつい味の付いている飲料を準備してしまう方もいるのではないでしょうか?


でも陣痛が始まり長引くと体力の消耗や
吐き気などから味の付いた飲料を受け付けなくなります。


そこで妻から水が欲しいとの一言が!
ということでこちらを追加調達させていただきました。


ここで一つ補足ですが、
出産準備でペットボトルにストローのような付属品をつける方もいらっしゃると思います。
私たちもそうしました。

この時ペットボトルの口の形状にご注目。
その付属品が取り付けられないペットボトルが存在します。
しかも水の商品に多い!


なので水を選ぶときはその付属品の形状を確認して購入することをお勧めします!

②汗拭きシート

続いて汗拭きシート!


陣痛が長引くとその痛みに耐えるさいに大量の汗をかくことがあります。
それでも陣痛中はシャワーを浴びるのがとてもつらい。
そうなると体がベトベトしてきて気分もブルーに。


そんな時に汗拭きシート!


体がスッキリすることで少し気分が晴れること間違いなし!
是非是非ご準備を!


ちなみにノンアルコールの商品等の匂いのしないものを選択することが重要です!
匂いが強いものだと吐き気がある妊婦さんにとっては勘弁して欲しいもの。
ここは注意しておくと良いと思います。

③音楽

これが地味にじわじわ効いてくる。

私たちは特に気にしていなかったのですが、
助産師さんはやっぱり音楽は重要とのこと。

何も準備していなかったので、
病院にある音楽機器をお借りし、それを流していました。
流れてくるのは私たちには馴染みのないクラシック。
最初は気にしていなかったのですが、
陣痛が始まり余裕がなくなってくると音楽が気になる様子。
リラックスできるようでできないことに気づき始めた。


やはりリラックスには本人がよく聞く音楽。
その中でもリラックスできる音楽をチョイスすることをお勧めします。


出産には奥さんのリラックスが最優先。


ぜひ奥さんのリラックスを意識して臨みましょう。

最後に

出産は家族にとってとても重要なイベントです。
妻にとってはとても苦労するイベントなのです。

そんな時父親としてできることは、
最大限妻をサポートすることなのです。

是非是非、
妻に全てを任せるのではなく、
一緒に何が必要かを考え、
出産を迎えることを強くお勧めします。

そして元気な赤ちゃんが産まれることを願っています。


現場からは以上です。