子育てする父の奮闘記

育児に初めてチャレンジする父の日記。カメラや料理なんかについても少し書いていきます。

明日、妻と子供が退院し家に帰ってくる。

出産から約3日が経ち、
妻と子供の体調が安定してきたので、
明日、予定通り退院し、
家に帰ってくる。


とうとうここから家族3人での生活が始まる。


今までは病院にお世話になっていたため、
子供に異変が起きた時には助産師さんに
教えを乞うことができたが、
明日からはそうはいかない。


なので、
今日までの3日間で徹底してきたことがある。


「気になることは全て聞く」


少し熱があるかも…
顔を真っ赤にしている…
くしゃみが多い気がする…


そんな時ついつい助産師さんが忙しそうにしているので、
声をかけづらいかもしれない。


けどそこは全てを聞くようにしていた。


当たり前かもしれないが、
意識的に徹底した。


これから家に帰り子供に異変が起きた時に対処ができるように。


結果病院の負担も下げることが出来ると思う。


小さなことで、
いちいち病院に頼っていては、
自分自身も成長しないし、
病院の負担も高くなるし、
子供も安心すると信じている。


もちろん、
子供を病院に連れていかないわけではなく、
出来る限り病院に連れて行くべき時とそうでない時を
見極められる状態になりたいと考えているだけだ。


この3日間で色々学ぶことができた。


一緒にいるときは大抵の泣きには対応できるようになった。


今後色々なハプニングが発生するとは思うが、
最低限のハプニングには対応できる状態であることが大事だと思う。


明日からは家族力合わせてハプニングを乗り越えていこう。